創立

初代園長A.O.マクラウド女史
初代校長
A. O. マクラウド女史

愛と祈りによる人格教育

 昭和6年の初め頃、カナダメソジスト教会婦人伝道会からこの地に派遣された宣教師ミス・マクラクランは、農繁期に放置されていた幼児たちと出会い、同年6月から約2ヵ月間追分地区で無償の託児所をひらきました。
 その取り組みは地域の人々に高く評価され、やがて「幼稚園を」という父母たちの声となり、峡南幼稚園は昭和7年にA・O・マクラウド女史を園長に迎え開園いたしました(「峡南幼稚園 開園式執行順序」に開園式の日時は昭和7年4月12日午前10時とあります)。
 昭和57年には「学校法人 峡南学園」を設立し、本園は学校法人が設置する幼稚園となりました。

創立以来、幾多の困難を乗り越えて、今日まで幼稚園を継続できましたのは国内外の諸教会の熱い祈りと、理解ある地域の方々のあたたかいご支援によるものです。心より厚くお礼申し上げます。

 これからも建学の精神(愛と祈りによる人格教育)を継承し、
子どもの輝かしい可能性と個性を大切に育んで参りたく存じます。

第1回卒園式

第83回卒園式



「花子とアン」と峡南幼稚園

開園間もない峡南幼稚園に、
NHK連続テレビ小説「花子とアン」の主人公でクリスチャンの村岡花子氏が
訪れていたことが、その当時の芳名帳で明らかになりました。
どのような経緯で来園されたのかは定かではありませんが、大変感慨深いものがあります。


TOPに戻る