創立

前ページからの続き)

Q. どうして「縦割り教育」なのでしょうか?

A. 峡南幼稚園の各クラスはモンテッソーリ教育理論に基づき、3・4・5歳児が共に生活する縦割り編成を基本としています。異年齢混合のクラスは、兄弟姉妹の数が少なく、遊ぶ仲間も場所も少なくなったいまの世の中で、初歩の社会性を育むのにもっとも有効だと考えています。
教室の中で3歳児は大きい人のする事を良く見て吸収していきます。そして学んだことを実際に行い、5歳児になると小さい人に教えてあげることによって自信と誇りをもちます。縦割り社会の中で子どもたちはそれらを代々伝え合って育ち、自然に思いやりややさしさも身につけていくのです。

 

Q. 「本来子どもに備わっている能力」とはどのようなものですか?

A. モンテッソーリ・メソッドの用語に「敏感期」というのがあります。
これは幼児がある特定の時期に、新しい機能を身につけようと驚くほど貪欲になる本能のことです。この「敏感期」は一度過ぎると二度と訪れないとても貴重な時間であるため、モンテッソーリ教育ではこの自然の知的活動を見逃すことなく最大限に支援します。

Q. 近年、社会問題となっている学級崩壊などへの取り組みはありますか?

A. モンテッソーリ思想で育む「自由」とは 「無責任」や「無制限の放任」ではありません。あくまでも「選ぶ自由」であって、わがまま勝手を許すことではなく、他の子どもの「自由」を妨害する行為を認めることではありません。


前のページ

TOPに戻る